東芝、システムLSI事業も再編急ぐ。室町社長が明言

  • 0
  • 0
自社で大きな投資を実行していくことは難しい」と室町社長
 東芝の室町正志社長は28日、日刊工業新聞とのインタビューに応じ、半導体のシステムLSI事業について「他社との再編を含め、次の成長戦略を検討する」との考えを示した。同事業については画像センサーの製造設備売却といった構造改革を決めたが、「2016年度はようやく黒字化できる程度。その後、自力での競争力維持は難しい」と指摘した。他社からの資本の受け入れなども視野に入れ成長戦略を模索する。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2015年12月29日1面

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

当たり前といえば当たり前の話だが、売却できないから今まだ残っている。岩手東芝エレクトロニクス(岩手県北上市)の設備や事業が売れそうな気がするが。最初のボタンの掛け違えは、リーマン後に旧NECエレクトロニクスと事業統合を進めようとしていたが、旧ルネサステクノロジ(現ルネサスエレクトロニクス)に出し抜かれたこと。発表当日、当時社長だった西田さんの怒り方は半端なかったからな・・。まぁNECエレとくっついても現在のルネサスの同じ道をたどっただろうが。 半導体はメモリーは分社し資金調達力を高め拡大、ディスクリートも存続させる方向。半導体出身の室町さんがどういうコネクションを使っていくか。

関連する記事はこちら

特集