UMC、中国撤退ニーズを取り込み。電機や機械メーカーの生産請け負い

  • 0
  • 0
東莞市郊外に建設中の新工場(イメージ)
 【さいたま】ユー・エム・シー・エレクトロニクス(UMC、埼玉県上尾市、内山茂樹社長、048・724・0001)は、中国事業に苦戦する電機・機械メーカーに対し、現地生産の撤退を支援する新事業を始める。中国での人件費・人民元高や優遇措置の撤廃、生産設備の陳腐化などに伴い、撤退ニーズが増大しているため。第1弾として大手メーカーの電源事業を年100億円単位で受託した。初年度は同事業で300億円の売上高を目指す。

 これまでに受託生産の受け皿として、精密金型技術を持つ吉田製作所(静岡県小山町)の中国子会社(広東省東莞市)を買収したのに続き、東莞市郊外に約50億円を投じて延べ床面積2万平方メートルの新工場を建設しており、ここに既存工場1カ所を集約する。これにより、UMCの中国生産拠点は4カ所、総延べ床面積は7万6000平方メートルとなる。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2015年12月29日1面

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

台湾のファウンドリーUMCとは違う会社。 例えば中国のEMSと比べどこに競争力があるのだろうか。受託契約で何かプラスアルファのサービスや、契約条項などがあるのだろうか。その辺をもっと知りたいところ。

関連する記事はこちら

特集