駐機場のサンタと無線交信!ANAが羽田でクリスマスイベント

  • 0
  • 0
会場で配る塗り絵を手にするANAのブルーサンタと客室乗務員
 全日本空輸(ANA)は12月23日から25日まで、羽田空港国内線第2ターミナル5階フライトデッキトーキョーで、クリスマスイベントを開催している。午後0時から午後5時まで。

 空港旅客係員の発案で今年初めて開かれたイベントで、客室乗務員や旅客係員、整備士、グランドハンドリング、機内食搭載、事務職など羽田に務めるANAグループの社員が1日あたり約20人参加。ブルーのサンタクロースに扮した旅客係員との記念撮影コーナーや、塗り絵や絵本の読み聞かせなどを行っている。

 また、駐機場にいる“サンタさん”と無線交信出来るコーナーを設け、子供たちが「飛行機には何人乗れるんですか」などと問いかけていた。

 62番駐機場からの出発便の周りでは、グランドハンドリングスタッフらが、モップを使い水でサンタクロースのイラストや「メリークリスマス」などとメッセージを描く「水絵」で、伊丹行きなどの出発便を見送った。

 

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

ANAが羽田でクリスマスイベント。スポットにいる“サンタさん”と無線交信できるコーナーもあります。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる