浜松ホトニクスが血栓をレーザー光で溶解する技術を開発

来春治験、5年後実用化目指す

  • 0
  • 0
5年後の実用化を目指すレーザー血栓溶解治療システム(試験機)
 浜松ホトニクスは、脳梗塞などの原因となる血栓をレーザー光で溶解する技術「レーザー血栓溶解治療システム」を開発した。従来の薬剤などを使う方法と比べ、出血などの副作用リスクが低い。浜松医科大学などと共同で早ければ来春にも治験を開始し、5年後の実用化を目指す。

 レーザーによる血栓溶解技術が実用化されれば世界初という。同システムは光ファイバーが入ったカテーテルを患者の大腿(だいたい)部の血管から挿入。体内を経由して目的の血栓まで移動し、レーザー光を照射する。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2015年12月24日 ヘルスケア面

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

血栓が原因で脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす例は多い。これまでは薬剤で血栓を溶かしたり、デバイスで血栓を物理的に取り除いたりする治療法が主流だったが、発症からの適応時間や血管損傷のリスクなどの課題がある。今回の波長は血管壁には吸収されにくいため、血管を傷つけるリスクがほとんどないという。治療法として期待。

関連する記事はこちら

特集