いすゞ、インドでミニバン型多目的車を開発・生産

  • 0
  • 0
 いすゞ自動車は2017年をめどにインドでミニバン型の多目的車(MPV)を開発する。新興国向け戦略車として同国で開発するピックアップトラックをベースにした車両で、16年にチェンナイ近郊で稼働予定の新工場で生産する。生産量は年数万台を見込む。インドの自動車市場は成長が期待される。現地ニーズを反映した車両を効率的に開発し、需要を取り込む。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2015年12月24日1面

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

タイで生産するピックアップトラック「D―MAX」をベースに現調率を高め価格を抑えるという。競合はトヨタのミニバン「イノーバ」などか。

関連する記事はこちら

特集