産業廃棄物を一元管理、ジゲンが排出業者向けシステム開発

  • 0
  • 1
「シゲンクラウド」のサービス概要図(イメージ)

シゲン(横浜市中区、加藤泰弘社長)は、廃棄物契約書の作成から電子マニフェスト(産業廃棄物管理票)登録まで一元管理できる排出事業者向けクラウド型システム「シゲンクラウド」を開発し、サービス提供を始めた。日本産業廃棄物処理振興センターが運用する「JWNET」とのシステム連携により、行政報告書の作成も不要になる。

消費税込みで初期導入費用は8万8000円、2カ月目以降の月額基本料1万1000円だが、2022年3月まで500社限定キャンペーンとして初期費用3万3000円で申し込みを受け付け、月額基本料を半額とする。

同社は産業廃棄物処理業者として30年以上の実績があり、培ってきたノウハウを生かして同システムを開発した。廃棄物契約書と同時にマニフェストのひな型が自動作成される。契約書や許可証など、処理業者ごとの書類管理機能も備えた。クラウドコンピューティングでパソコンに限らず、タブレット端末やスマートフォンでも場所を選ばず使える。

日刊工業新聞2021年12月27日

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる