三井ホームが完工、日本最大級の木造マンションの全容

  • 0
  • 1
1階部分を除き木造枠組壁工法で建設した「モクシオン稲城」

三井ホームは、木造マンション「モクシオン」の第1号物件を東京都稲城市に完工、報道陣に公開した。5階建ての1階部分のみ鉄筋コンクリート(RC)造、残りは木造枠組壁工法で建設した。同工法を採用した日本最大級の木造マンション。賃貸としてモデルルームを除く47戸の入居者を11月中旬に募集したところ、すでに9割超が埋まっているという。

新マンション「モクシオン稲城」は、建設時に独自の高強度耐力壁を開発。同社の従来施工物件よりも壁厚を約半分に減らし、木材の使用量も抑えたことで低コストを実現した。木造はRCに比べ高コストが課題だが、RCの同程度の建物より建設費を1割安く抑えたという。高強度耐力壁は工場で製造できるパネル状で、組み立てが容易なため、工期もRCで建てるより約1割短縮できたとしている。

同社は今回の建設ノウハウを活用し、中層集合住宅における木造化を推進していく。

日刊工業新聞2021年12月9日

キーワード
三井ホーム

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる