ネコもアルツハイマー病…脳に原因物質凝集、ヒトと同じ病変

東大など発表

  • 0
  • 2
 東京大学大学院農学生命科学研究科のチェンバーズ・ジェームズ助教や中山裕之教授らは、年老いたネコの脳でヒトのアルツハイマー病と同じ病変が作られることを明らかにした。死亡後のネコの脳を分析。老齢のネコでは、脳内に同疾患の原因となるアミロイドベータ(Aβ)やタウたんぱく質の凝集が起き、記憶をつかさどる脳の神経細胞が脱落することを突き止めた。

 アルツハイマー病は高齢者に認知症を起こす疾患で、患者数が世界中で増えている。ネコの脳を利用してAβとタウたんぱく質の関係を明らかにすることで、疾患の治療法の開発につながる可能性がある。

 京都府立医科大学、麻布大学、大阪市立大学との共同研究。成果は国際科学誌アクタ・ニューロパソロジカ・コミュニケーションズに掲載された。 

日刊工業新聞2015年12月17日 科学技術・大学面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局DX編集部
記者

猫や犬も老化に伴いぼけて夜中徘徊したり、吠えたりしてしまう例が知られています。人間もペットも年老いて、世話ができなくなり保健所に連れて行かれることも。我が家の猫もそろそろ高齢期なので気になる話題です。

関連する記事はこちら

特集