トヨタ、早くも17年の生産計画をサプライヤーに伝える

単体で16年計画比33万台増の927万台に設定

  • 0
  • 0
 トヨタ自動車は2017年の世界生産台数(ダイハツ工業、日野自動車を除く)を16年計画比33万台増の927万台に設定した。16日、主要部品メーカーに伝えた。海外は主要市場の北米が高い水準を維持し、16年に投入する新型小型スポーツ多目的車(SUV)を生産する欧州も拡大する。国内は消費増税前の駆け込み需要や輸出増で増える見通し。

 トヨタは公式発表とは別に、主要部品メーカーに生産・販売計画を通達している。17年の海外生産台数は同24万台増の598万台を計画する。欧州ではトルコで16年に生産を始める小型SUVが年間を通じて寄与する。
<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2015年12月17日3面

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

17年のトヨタ単体の世界販売台数は同39万台増の954万台と大幅に伸ばす計画。国内は155万台と16年と同等を確保しつつ海外で増やすシナリオだ。

関連する記事はこちら

特集