みずほ証券が営業マンに認知症講座の受講義務づけ

顧客の高齢化に対応

  • 1
  • 0
「認知症サポーター」養成講座
 みずほ証券は、営業社員など4000人を対象に、2016年2月までに「認知症サポーター」養成講座の受講を義務づける。証券会社の顧客は高齢者が多く、業界では顧客が認知症を患っていることを知らずに取引し、トラブルとなったケースもある。同社は同講座を通じ、認知症に対する社員の理解レベルを引き上げ。無理解に端を発するトラブルの防止に役立てるほか、地域社会での認知症支援にもつなげる。証券業界で、同様の取り組みを大規模に行うのは例がない。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業電子版2015年12月16日金融面

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

現在、認知症の人と家族の応援者である「認知症サポーター」は全国で600万人以上いるといわれ、みずほ証券では160人の社員が知識を身に付けているとか。最初、認知症になった人は「自分はそうではない」と思うことが多く、自動車の運転など危険な行為も増えているという。社会上のルールや法律も対応を迫られる。

関連する記事はこちら

特集