【キーワード・30秒解説】エッジコンピューティング

  • 1
  • 0
クラウドではなく現場で情報処理

IoT端末などのデバイスそのものや、そのそばに設置されたサーバーでデータ処理・分析を行う分散コンピューティングの概念。クラウドにデータを送らずに、デバイス側でデータの処理や分析を行うため、リアルタイム性が高く、負荷が分散されることで通信の遅延は起こりにくい。数値制御などの比較的一つのデータ量が少ない場面で力を発揮する。ただ、画像認識など大量のデータ処理を必要とする業務には向かないとされる。

《エッジコンピューティングの今がわかるニュース》
 ドコモと提携。現場で簡便にAI処理できるエッジコンピューティングの実力
 エレクトロニクス・IT分野で今年注目の技術、トップ5
 三菱電機、東芝、日立がローカル5Gを急ピッチで実証する狙い

【「エッジコンピューティング」の記事をもっと読みたい】

ニュースイッチオリジナル

関連する記事はこちら

特集