「消防女子」が横浜市民を守る!

コラボで公式飲料水を発売

  • 0
  • 1
 横浜市は横浜市消防局を舞台にした小説『消防女子!!』とコラボレーションした消防局オリジナルウオーター「はまっ子どうし The Water 超使命感ボトル=写真」を製造し、2016年1月10日に発売する。横浜市の水源の一つである山梨県の道志川の清流水を詰めた横浜市の公式ウオーター。1ケース(24本入り)2400円(消費税込み)で、2000ケース(4万8000本)の限定販売。

 横浜市消防局は市民を全力で守るという「超使命感」を持って約3400人の消防職員が働く。そのうち女性は約100人で、男性の職場というイメージが強い。女性も活躍できる仕事だということをPRするため、広報活動の一環として販売する。

日刊工業新聞2015年12月15日地域経済面

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

消防局の採用プロモーションということか。どこかに映画でも制作してもらってください。

関連する記事はこちら

特集