【キーワード・30秒解説】海洋生分解性プラスチック

  • 0
  • 0
海中微生物が分解するプラスチック

微生物の働きによって二酸化炭素や水に分解されるプラスチックを「生分解性プラスチック」と呼ぶが、そのうち、海中に生息する微生物でも分解できるもののこと。現在、流通している生分解性プラスチックは、土壌やコンポスト内での分解を前提とした素材がほとんどのため、海洋に流出した場合、分解されずに残ってしまう。世界中でプラスチックごみによる海洋汚染が問題視されていることから、国内外で実用化に向けた技術開発が進められている。

《海洋生分解性プラスチックの今がわかるニュース》
 7月に迫るレジ袋の有料化、イオン・ユニクロ・セブン…前倒しの手応え
 海で生分解できるプラスチックの開発が活発に。日本発の国際規格の策定に期待感
 容器包装の新素材、水と二酸化炭素に分解されるプラスチックに注目!

【「海洋生分解性プラスチック」の記事をもっと読みたい】

マイバッグを持参した買い物風景が当たり前のものに

ニュースイッチオリジナル

関連する記事はこちら

特集