三菱鉛筆、空気のように軽く書けるボールペン

  • 0
  • 17
 三菱鉛筆は軽く書ける水性ボールペン「ユニボールエア=写真」を発売した。ペン先内部の金属が筆圧に合わせて上下に動き、インクの流量をコントロールするため、力を入れずに書いてもかすれない。消費税抜き価格は1本200円。従来のボールペンでは表現できなかったトメ・ハネ・ハライを文字に反映できる。

 同社は2016年に創業130年を迎える。新製品は新しい筆記カテゴリー創造へのチャレンジの一環。デジタル化した現代だからこそ手書きを大切にしたいという市場の声に対応する。筆圧によって文字の太さも変えられる。

 金属部分の先には紙との摩擦を減らすカバーをつけたため、力を入れて書いても紙にひっかかりにくい。カバーは樹脂製で使い込むほど書き癖に合った形状になっていく。

日刊工業新聞2015年12月11日 建設・エネルギー・生活2面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

万年筆に近い書き心地なのでしょうか。日本に限らず、さらさらと筆記体を書く習慣のある地域でも人気が出そうな気がします。

関連する記事はこちら

特集