大阪ガスが29年ぶりに冷熱発電新設。海外での受注も狙う

姫路に出力3700キロワットの設備を来年6月に稼働。中間熱媒体を使う方式で世界最大

  • 0
  • 0
泉北製造所で稼働中のLNG冷熱発電設備
 大阪ガスは姫路製造所(兵庫県姫路市)に、液化天然ガス(LNG)低温エネルギーを回収する冷熱発電(用語参照)設備を設置する。中間熱媒体を使うランキンサイクル方式では世界最大で2016年6月の稼働予定。29年ぶりの新設機となる。同社はLNGプラントについて、海外で基本設計の受注しかないが、省エネと二酸化炭素(CO2)排出量削減につながる技術として、今後LNG基地建設を計画する東南アジアなどに提案、海外での受注獲得に乗り出す。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2015年12月8日面

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア事業担当 DX統括

 冷熱発電はLNG気化時に発生する温度差エネルギーを活用する発電システム。1980年代以降にガスや重工各社が実用化に取り組んだが、代替フロン冷媒問題やガス需要の低迷などからその後導入は停滞。現在、国内で10基(うち大ガス4基)のほか、海外では台湾とスペインで稼働している。大ガスは現在、合計出力1万3750キロワットの冷熱発電を稼働しており、今回の新設分を加え、都市ガス製造時の購入電力を半減させるという。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる