ボーイング、大型収納棚で快適フライトを提案

737用向け。標準サイズのバッグ換算で6個分入ります!

  • 0
  • 0
ドイツ・インテリアエキスポで出展している「スペース・ビン」(ボーイング提供)
 ボーイングは、現地時間4月14日から16日までドイツのハンブルクメッセで開催中の「エアクラフト・インテリアズ・エキスポ2015」に、収納量を増加させる共用収納棚(オーバーヘッド・ビン)を出展している。

 737NG(次世代型737)と737 MAXへのオプションとして提供する「スペース・ビン」で、縦36センチ、横56センチ、奥行き23センチの標準的なサイズのバッグに換算で6個分のスペースを確保する。737の内装にLED照明など787と同等のものを取り入れた「ボーイング・スカイ・インテリア」を採用した機体に導入し、現在の「ピボット・ビン」よりも2個分増加させる。

 搭載量は、737-900ERと737 MAX 9で132個から194個、737-800と737 MAX 8で118個から174個、737-700と737 MAX 7で90個から130個に、それぞれ増加する。スペース・ビンは2014年7月に発表。ローンチカスタマーはアラスカ航空(ASA/AS)で、今年後半の導入を予定している。

 同エキスポは、毎年春にハンブルク、秋は米国で開催されている。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

ボーイングがドイツで14日から始まったインテリアエキスポに出展。毎年春にハンブルクで開かれる展示会で、収納量を増やしたオーバーヘッド・ビン(共用収納棚)を展示しています。

関連する記事はこちら

特集