LIXIL、東京五輪ゴールドパートナーに

「いい風呂」の日に契約したのは不思議な縁(森喜朗大会組織委員長・談)

  • 0
  • 0
会見会場にはLIXILとグローバル・パートナーシップ契約を結んだ男子プロテニスの錦織圭選手も駆けつけた
 LIXILは11月26日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と、東京五輪の国内最上位のスポンサーシッププログラム「東京2020ゴールドパートナー」の契約を結んだ。

 ゴールドパートナーは15社目で「住宅設備部材&水回り備品」のカテゴリーでは初めて。

 都内で開いた調印式で藤森義明社長(写真左)は「最高のパフォーマンスで競技に臨める、観戦できる環境づくりを支援したい」と力説。森喜朗大会組織委員長は「11月26日は“いい風呂”の日。この日に住宅設備業界をリードしてきたLIXILと契約したのは不思議な縁」と笑いを誘った。

 会場にはLIXILとグローバル・パートナーシップ契約を結んだ男子プロテニスの錦織圭選手も駆けつけ(同右)、錦織選手は「東京五輪が開かれるときは30歳になり体力、経験もいい頃合いになる」と活躍を期した。

日刊工業新聞2015年11月27日 建設・エネルギー・生活面

COMMENT

斉藤陽一
編集局第一産業部
デスク

ゴールドパートナーも気がつけば15社目。どこまで拡大するのでしょう。

関連する記事はこちら

特集