富士重、とうとう16年度の世界販売が初の100万台超えへ

吉永社長が見通し

  • 0
  • 1
東京モーターショーで公開した「インプレッサ 5ドア コンセプト」
 富士重工業の吉永泰之社長は26日、2017年3月期に世界販売が100万台に届くとの見解を明らかにした。16年3月期目標は95万3000台で、100万台以上となるのは初めて。米国工場の生産能力を16年末までに段階的に現在の約2倍に引き上げるため、供給量の増加が販売に寄与する。足元では国内と米国の両方で生産が逼迫(ひっぱく)し、販売車両が足りなくなっている。
 <続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2015年11月27日1面

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

北米市場が安定している限り、当面、富士重の販売台数が極端に落ちることはないだろう。来年末には「インプレッサ」のフルモデルチェンジなども控えており、17年以降はさらに伸びる可能性が高い。

関連する記事はこちら

特集