高齢者向け案内ロボットをレンタルします!

日本精工が実用機を開発。来秋めどに

  • 0
  • 0
開発した案内用ロボット「ライボット」
 日本精工は2016年10月に、案内用ロボット「ライボット」のレンタル提供を開始する。実証実験などで確認した現場のニーズを踏まえ、実用機を開発した。試作機は視覚障害者向けだったが、高齢者らの一般利用者にもターゲットを広げ、市場投入に踏み切る。タッチパネル上で簡単に目的地を設定できるのが特徴。医療・福祉施設、商業施設、公的施設などでの利用を見込む。18年からのリース提供も計画する。

 ライボットはグリップ部分を軽く押すと動きだし、目的地まで連れて行ってくれる案内ロボット。日本精工は「盲導犬の役割を果たす視覚障害者向けロボット」をコンセプトに開発を進めてきた。医療施設などにおける自動案内のニーズを受け、対象を高齢者をはじめとした一般利用者にも拡大し、実用化する。レンタル料は未定。

 操作手段としてタッチパネルを新たに採用し、簡単に目的地を設定できるようにした。また、利用する施設に応じて操作体系などを作り変えることも可能だ。

 神奈川リハビリテーション病院(神奈川県厚木市)での実証実験などを経て、実用機を開発した。実証ではグリップの位置が高すぎてユーザーに負担が生じたため、高さを従来比14センチメートル減の96センチメートルに改良した。

 レーザーセンサー、距離画像センサーの働きにより障害物の回避が可能。また、赤外線センサーで天井に設けたマーカーを検知し、現在位置を認識することもできる。

日刊工業新聞2015年11月26日 機械・ロボット面

COMMENT

政年佐貴惠
名古屋支社編集部
記者

視覚障害者向けだったのを一般の案内向けにしたというのは、やはり一定の利用者がいなければビジネスが成り立たないと判断してのことだろうか。リースという形態が一般的になれば、サービスロボットはもっと実用化はしやすくなる。一部事業者はすでに始めているが、ロボットリース市場ができるかどうかも一つの注目ポイントかもしれない。

関連する記事はこちら

特集