積水ハウスが東京・谷中に新ホテル、「住むと泊まるの間」で街の魅力を体験

  • 0
  • 5
東京・谷中にオープンする新ホテル「YANAKA SOW」

積水ハウス不動産東京(東京都渋谷区)は、ブランドデザイン会社のオレンジ・アンド・パートナーズ(同港区)、エアビーアンドビー(同新宿区)と組み、5月に東京・谷中でホテルを開業する。1泊から泊まれる短期プランと30日―365日の長期プランの2種類を用意。コロナ禍でインバウンド(訪日外国人)需要が見込めない中、「住むと泊まるの間」をコンセプトに内需の取り込みを目指す。

新ホテル「YANAKA SOW=写真」は、谷中の風情ある住宅街にあり、積水ハウスの重量鉄骨造りの3階建て、延べ床面積は680平方メートル、部屋数は13室。1室1泊2万3000円から。街を案内する専門スタッフ2人を配置し、谷中の魅力を知る体験を売り物とする。

日刊工業新聞2021年4月23日

関連する記事はこちら

特集