照明一体型、小さなドア付き…個性的な室内ドア続々―阿部興業

室内用木製ドアのコンセプトモデル「セブンドアーズ」シリーズ

  • 0
  • 0
 阿部興業(東京都新宿区、阿部清英社長、03・3341・9021)は、創業70周年を記念し、室内用木製ドアのコンセプトモデル「セブンドアーズ」シリーズを送り出した。

 シリーズは7種類で構成。すでに照明器具一体型の「lamp(消費税抜き32万5000円)」、小さなドアをつけた「baby(同17万5000円)」、磁石を内部に仕込んだ「hang(同13万7000円)」を販売し、「デベロッパーなどから引き合いがある」(担当者)。

 コンセプトに据えたのが“利用者に楽しさをもたらし、作り手にも士気を与える”ドアだ。デザインを手がけたnendo(東京都港区)の佐藤オオキ代表が考えるデザインのあり方を応用した。

 11月下旬に販売予定の「kumiko」は、和室建具に使う組子の模様を施した。和建具のノウハウを活用した製品作りに「佐藤代表も舌を巻いた」(担当者)。社内の士気が高まる中、残る3種類の製品化も急ぐ。

日刊工業新聞2015年11月16日 新製品フラッシュ2面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

ありそうでなかった機能やデザインを持ったドアを続々発売している阿部興業。どれもおしゃれかつ機能的で、いろいろな部屋になじみそうです。実際の家での活用例も見てみたいと思いました。

関連する記事はこちら

特集