ANA、ウェブサイトを刷新。スマホにも最適化し国際線予約が簡単に

JALは16日に3年ぶりにリニューアル予定

  • 0
  • 0
ANAウェブサイトから
 全日本空輸は、ウェブサイトをリニューアルした。国際線予約ページを対象に、4月12日に刷新。シンプルなデザインを採用し、スマートフォンやタブレットなど、端末に最適化して表示するようにした。

 画面遷移数を従来の14ステップから7ステップに簡素化。これまでは出発国の通貨と言語に紐付いていた予約時の表示を、任意の言語や通貨に設定できるようにした。対応言語は日英仏独中(簡体字、繁体字、香港繁体字)韓の8言語、通貨は日本円や米ドル、ユーロ、中国元など13通貨。

 運賃表示は日本サイト内で使用していた「エコ割」などの名称を廃止。国外向けと運賃カテゴリーを統一する。コードシェア便など他社運航便の座席も、座席表を見ながら細かく指定できるようになった。これまでは通路側・窓側など、属性のみの指定だった。

 発売開始時刻も変更する。これまでは日本時間午前0時から発売していたものを、刷新以降は日本時間午前9時からの開始となる。

 同社はトップページを2013年7月に刷新。予約エンジンは2010年6月以来のリニューアルとなる。他社では日本航空が、4月16日に3年ぶりのリニューアルを予定。スカイネットアジア航空が2014年7月、女性を意識したデザインに刷新した。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

国際線予約ページをリニューアルし、スマートフォンやタブレットに最適化。画面遷移数を従来から半分に減らし、使い勝手を向上させています。競合の日本航空は16日に全面刷新します。

関連する記事はこちら

特集