航空機は「買うもの」から「借りるもの」へ

芙蓉総合リースが事業加速

  • 2
  • 3
ANA向けにB737-800をリースする(イメージ)
 芙蓉総合リースが航空機リース事業を加速させている。全日本空輸(ANA)やシンガポール航空子会社のシルクエア向けに、米ボーイング製のB737―800の計4機をリースする。両社に航空機リースをするのは初めて。機体価格は計200億円程度と推定される。市場拡大が見込まれる航空機リースを戦略分野の一つに掲げ、力を入れる。

 ANAホールディングス(HD)と契約し、グループ会社のANAに3機リースする。納入は12月―2016年3月を予定する。これまでもANAHDとのリース契約はあるが、バニラ・エアにリースをしていた。
 また、シルクエアにも1機、リースを始めた。リース期間は9年間。同社はシンガポール航空子会社としてアジア太平洋地域内の路線運行を担っており、12カ国49都市に週360便以上の運航を行っている。

 芙蓉総合リースは14年に英航空機関連サービス会社のALMを買収した。新しいリース先を増やすため、ALMの情報収集力を活用し、エアライン開拓に力を入れている。

 9月には、「ソラシドエア」のブランド名で運行するスカイネットアジア航空向けに航空機リースを始めた。16年度からは格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションに、仏エアバス製航空機の「A320」を3機、順次納入する予定。

日刊工業新聞 2015年11月03日 金融面記事

COMMENT

 航空機を自社で保有せずにリースで調達する航空会社は確実に増えています。経産省の調べでは、リースの比率は1980年の3%から2010年には35%に増加しました。。バランスシートをなるべく軽くしたいLCCが増えていることや、中古機市場が拡大している点が背景にあります。  こうした業界事情もあって、各社は航空機リースの事業拡大に動くのでしょう。

関連する記事はこちら

特集