年1000時間削減、ライオンがRPAを独自開発した理由

  • 1
  • 8
写真はイメージ

ライオンは、製品に使う化学物質の規制情報を自動で収集し、抽出するRPA(ソフトウエアロボットによる業務効率化)を開発した。化学物質に関する新たな規制情報を150件のリストとして、特に重要なワードは赤字で表示する。従来、社員が関連サイトから情報を収集しており、年間1000時間程度の作業時間が削減できるという。単純作業を効率化し、解析など付加価値の高い仕事に社員を当てる。

独自のRPAを開発し、化学物質の規制情報を収集したり、抽出したりできるシステムを構築した。フリーランスのデータサイエンティストと共同で開発した。化学品の規制情報はリストで表示し、リストから情報が載っているサイトにアクセスすることもできる。

製品開発に必要な国内外の情報を収集、解析する安全性科学研究所(神奈川県小田原市)に導入した。同社は、経理などで一般的なRPAを利用しているが、独自に開発して導入するのは初めて。

化学物質に関する規制は、製品開発や既存製品の改良などの際の重要な情報で、これまでは社員が手作業で、収集し、抽出していた。本来は情報の解析に時間をかけたかったが、収集と抽出に手間を取られるのが課題だったという。

規制情報の収集や抽出は、どのサイトにどのような情報が載っているか、どのような用語に着目し検索するかなど判断が難しく、経験豊富なベテラン社員が時間をかけて実施してきた。RPAの導入で、経験の少ない社員にも任せられるようになる。

日刊工業新聞2020年12月21日

キーワード
ライオン RPA

関連する記事はこちら

特集