セブン―イレブンでローソンの電子マネーが使えるようになる!?

ローソン、JCBと組みおさいふポンタを展開。

  • 0
  • 4
ポイントカードは固定客化に貢献している
 ローソンは29日、信販大手のJCBと組み、電子マネー事業に参入すると発表したが、これがコンビニエンスストア業界に波紋を広げそうだ。というのもJCBの加盟店でローソンの電子マネーが利用できることで結果的にコンビニ最大手のセブン―イレブン・ジャパンの店頭でも使える格好になるからだ。セブン―イレブンでは流通系の電子マネーには門戸を開いていなかった。ローソンのJCBと協業した〝トロイの木馬〟作戦にセブン―イレブンの電子マネー「ナナコ」はどう対応するか、今後注目されそうだ。

 ローソンは大株主の三菱商事系の共通ポイント「ポンタ」の中核メンバーになっている。最近ではポンタから収集されるビッグデータの活用にも乗り出しており、ポイント事業には力を入れてきた。

 今回、そのローソンがJCBと組み11月3日から展開始める電子マネーは「おさいふポンタ」。ポイント獲得だけでなく、任意の金額をチャージし決済にも利用できる。電子マネーはローソンだけでなく、JCBの国内取り扱い店900万店でも利用できるようになる。

 しかし、これが結果としてコンビニ最大手のセブン―イレブン店頭でも決済に使えたり、「おさいふポンタ」にポイントが貯まったりすることになる。

 セブン―イレブンは、親会社のセブン&アイ・ホールディングスが独自の電子マネー「ナナコ」を展開している。このため、セブン―イレブン店頭ではこれまでJR東日本系の「スイカ」など交通系電子マネー以外、ファミリーマートと親密なカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が展開する「Tカード」など流通系の電子マネーには門戸を開いていなかった。

 しかし今回、あたかもJCBという〝トロイの木馬〟に乗ってやってくる「おさいふポンタ」が、セブン―イレブンの店舗に上陸、図らずも門戸を開放する格好となった。

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

流通ではポイントカード、電子マネーの経済圏をいかに構築するかが一つの課題となってきました。

関連する記事はこちら

特集