日立、ステレオカメラで人の行動・特徴3D解析―混雑空間でも即時推定

子ども連れの顧客や介助が必要な高齢者を発見可能

  • 0
  • 0
日立ニュースリリースより
 日立製作所は27日、人の行動とその属性(特徴)をリアルタイムかつ高精度に推定する技術を開発したと発表した。ステレオカメラで取得した3次元データを解析し、例えば、混雑した空間でベビーカーや車いすを認識し、子ども連れの顧客や介助が必要な高齢者を見つけられる。従来の監視カメラの2次元映像データの解析では難しかった。

 ステレオカメラは1台のカメラの左右に二つのレンズを取り付けたセンサー。同時に左右2枚の写真を撮影でき、その視差によって奥行き方向の情報が得られ、空間を立体的に把握できる。

 このステレオカメラを使って人の頭部付近のデータを抽出し、俯瞰(ふかん)した視点の画像データに変換、混雑した空間でも安定した位置計測を行えるようにした。画像上の人の位置の時間的変化を求めることで追跡も可能にし、追跡率を従来比で約30%向上した。

 さらに、人とその周囲のモノの形状を立体的に分析し、ベビーカーや車いすなどを認識した上で、あらかじめ登録したデータと比較しそれらを持つ人の属性を推定する。ベビーカーやショッピングカート、車いすなど、人に付帯する物体を識別できるようにした。

 高齢化や少子化、障がい者の負担低減などの社会問題に対し、QoL(生活の質)の向上を助けるサービスが求められている。今後、商業施設やオフィス、イベント会場などにおいて、多様化するニーズに合わせたサービスの提供に生かす。

日刊工業新聞2015年10月28日 科学技術・大学面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局DX編集部
記者

介助が必要な人だけでなく、不審な動きをする人や危険物を持っている人も検出できれば防犯にもなりそうです。

関連する記事はこちら

特集