ピーチが世界初の段ボール製チェックイン機を導入。まず関空に

コスト5分の1に圧縮。ピーチの乗り入れる空港すべてに設置予定

  • 0
  • 9
段ボールでできたチェックイン機(ピーチ・アビエーション提供)
 ピーチ・アビエーション(APJ)は10月23日、関西空港第2ターミナルに設置しているチェックイン機をリニューアルした。外装に段ボールを使用し軽量化とコスト削減を実現。モニターを2倍の大きさにし、チェックイン時の時間短縮につなげる。

 23日から導入したのは、国際線用の5台。年内を目処に、関空の国内線用に10台を追加導入する。今後、成田や那覇など、ピーチが乗り入れている空港すべてに設置を予定している。

 段ボールは前面と背面、側面の外装に導入。一部、スポンジも使用している。外装部には広告を掲出するスペースを設けることで、多角的な収入増を狙う。デザインは大阪・天王寺区の建築事務所、屋根裏設計とピーチが共同で手がけた。同等の製品と比較すると、コストを5分の1に圧縮した。ピーチによると、チェックイン機に段ボールを使用するのは、世界初だという。

 リニューアル後のチェックイン機は高さ約190センチ、幅約55センチ。従来品と比較し70センチ近く高くなった。横幅は変わらない。ピーチによると、従来品を運ぶのに大人2人が必要だったが、リニューアル後は大人1人でも運べるという。

 モニターは従来品の15インチから、32インチに拡大。上半分と下半分で異なる情報を表示できる。上部では「パスポート用意して」「チェックイン受付中」など、これからチェックインする利用者向けの情報を掲示。下部はチェックイン実行中の利用客用に「バーコードをかざして」というメッセージを日英で交互に表示する。

 利用者がバーコードをかざした場合、予約時の言語を自動的に表示。利用者が選択する必要はない。日、英、中(繁体字、簡体字)、韓の5言語に対応する。従来は利用者が言語を選択していた。

 モニターの上半分で利用者に喚起することで、チェックイン機に並ぶ時間も含め、トータルの時間短縮を図る。予約情報が表示される下半分は利用者の体で情報が隠れるため、並んでいる人からは見えない仕組み。

 ピーチがチェックイン機をリニューアルするのは初めて。2012年3月の運航開始と同時に導入した初代は木製だった。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

ピーチが外装に段ボールを使ったチェックイン機。軽量化とコスト削減が目的で、モニターを2倍の大きさにしたのは利用しやすくすることによるチェックインの時間短縮を狙っています。

関連する記事はこちら

特集