ニッポン石油産業の基礎を築いた大蔵官僚

現JXホールディングス“中興の祖”橋本圭三郎

  • 0
  • 0
国内再編で海外勢に対抗した橋本圭三郎氏
 わが国の石油産業の基礎を確立し、外資系に対抗し得る”日の丸石油“を作り上げたのが橋本圭三郎だ。日本石油(現JXホールディングス)の”中興の祖“として、石油業界の成長を主導した。

 大蔵事務次官を経て、貴族院議員を務めていた橋本は1916年、日本石油とともに、わが国の2大石油会社であった宝田石油の社長に就任する。当時と言えば、スタンダード・オイルなどの欧米企業が世界を席巻し、日本市場も外資系の攻勢にさらされていた。欧米企業の草刈り場になってしまうという危機感を抱いた橋本は、国内再編による対抗策に打って出る。

 それが日本石油との大合併だ。合併でガリバーを作りだし、外資と対抗する。しかし、合併の最大の障害になるのは人事。特にトップ人事をめぐっては、主導権争いが過熱し、時として合併そのものが頓挫するケースもあるが、橋本は社長の座を日本石油の内藤久寛に渡し、自身は副社長に甘んじる。合併を最優先した英断である。

 その後、橋本は第2代の日本石油社長、東亜燃料工業、帝国石油の社長を歴任するなど、わが国の石油産業の基礎を築く一方、政府に対しても石油政策の推進を強く要求。31年にはこんな報告書を発表している。

 「確固たる石油政策を持たない列強はわが国だけだ。石油政策確立の急に迫られている」。日本のエネルギーの将来を俯瞰(ふかん)した経済人である。
 (敬称略)
 ※日刊工業新聞で毎週金曜日に「近代日本の産業人」を連載中

日刊工業新聞2015年10月16日 4面

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

グローバル経済になればなるほど、最近は逆に世界を俯瞰し大きなグランドデザインを描ける官僚が少なくなった。

関連する記事はこちら

特集