目指せ、クラス7連覇!

日野自動車、ダカールラリー2016の参戦概要発表

参戦するチームとレース車両(上段中央が市橋社長)
 日野自動車は14日、クロスカントリーラリーの最高峰「ダカールラリー2016」のトラック部門に参戦すると発表した。中型トラック「日野レンジャー」をベースにしたレース車両2台で出場する。前回大会からエンジンやサスペンションを強化。300キログラムの軽量化も実現し、走行性能を高めた。排気量10リットル未満のクラスで7連覇と、総合順位で上位入賞を目指す。

 日野自が91年にダカールラリーに参戦して以来のパートナーである菅原義正氏が率いる「チームスガワラ」とともに戦う。同日会見した市橋保彦社長は車づくりやサービス、チームワークなど学ぶべきことが多いラリーを通じ、「一段と成長したい」と述べた。

 今大会は16年1月にアルゼンチンをスタート。日野自は初参戦以来24回連続で完走し、97年にトラック部門で総合優勝している。

日刊工業新聞2015年10月15日 自動車面

COMMENT

斉藤陽一
ニュースセンター
デスク

名称は「ダカールラリー」ですが、舞台はアルゼンチンとボリビアです。

関連する記事はこちら

特集