東京駅を発信源に!最大規模の“エキナカ”、3日開業

  • 0
  • 0

JR東日本グループの鉄道会館は30日、8月3日に全面開業を予定する東京駅改札内の商業施設「グランスタ東京=写真」を報道公開した。東京駅北通路周辺整備によってホーム下に延べ床面積6500平方メートル、66店が出店する空間を創出。既設エリアを合わせると全153店、延べ床面積は1万1300平方メートルで、JR東として最大規模の“エキナカ”商業施設が誕生する。

飲食を中心に菓子や雑貨などが出店。北地下自由通路にIC乗車専用改札を設け、駅構内の動線改善にもつなげる。

またエリア内にはイベント空間「スクエアゼロ」も設置。平野邦彦社長は「東京駅は鉄道の起点。ショーケースとして使い、日本、世界に情報発信したい」と説明した。

キーワード

関連する記事はこちら

特集