フィンエアーが九州初上陸!来年春からヘルシンキ-福岡線

週3往復、日本のビジネスパーソンにも人気

  • 0
  • 0
 フィンエアーは、2016年春からヘルシンキ-福岡線を新設する。週3往復で、同社が九州へ乗り入れるのは初めて。早ければ4月中にも就航する見込み。機材はエアバスA330-300型機を予定。運航スケジュールは、福岡行きAY075便がヘルシンキを午後4時30分に出発し、福岡には翌日午前8時着。ヘルシンキ行きAY076便は福岡を午前9時30分に出発し、午後1時55分にヘルシンキへ着く。運航日は福岡行きが火曜と木曜、土曜で、ヘルシンキ行きは水曜と金曜、日曜となる。

 福岡線はフィンエアーと日本航空(JAL)、ブリティッシュ・エアウェイズとの共同事業の一環。同社は成田空港と関西空港、中部空港(セントレア)へ毎日運航している。
運航スケジュール
AY075 ヘルシンキ(16:30)→福岡(翌日08:00)運航日:火木土
AY076 福岡(09:30)→ヘルシンキ(13:55)運航日:水金日

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

来春から週3往復で就航します。福岡空港は一方でKLMオランダ航空が1月で運休しますので、どの程度需要を取り込めるかが注目されます。フィンエアーはコンパクトなヘルシンキ空港で欧州各都市へ乗り継げることから、日本でもビジネスパーソンに人気が高い航空会社です。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる