遠隔操縦ロボで堪能するオンライン動物園、360度ビューで生体観察!

ZMP、千葉市動物公園とイベント開催

  • 1
  • 0
1人乗り自動運転ロボット「ラクロ」

ZMP(東京都文京区、谷口恒社長、03・5802・6901)は、1人乗り自動運転ロボット「ラクロ=写真」を活用したオンライン動物園イベントを16日、千葉市動物公園(千葉市若葉区)の協力で開催する。ユーザーのパソコンやスマートフォンから、早押し方式で特設サイトにアクセスしてもらい、当選者は1人1分の有効時間内でラクロの遠隔操縦権を獲得できる。

ラクロのカメラでリアルタイム映像を見ながらロボを遠隔操縦し、動物園内のキリンやゾウ、フラミンゴなどの様子が見られる。

早押しに落選した人も、360度ビューで動物の様子を観察できる。新型コロナウイルスの感染防止で外出自粛要請が続く中、参加者が自宅で楽しむことができ、ロボの先端性も味わってもらえる催しとして企画した。

日刊工業新聞2020年5月15日

関連する記事はこちら

特集