知っていましたか?アレルギーの4つの型

おすすめ本の抜粋「今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版」

  • 0
  • 0

アレルギーはなぜ起こる<アトピー性皮膚炎>

世界アレルギー機構によれば、アレルギー疾患とは「過敏症のうち免疫反応が関係するもの」と定義されています。免疫とは「自分と自分以外のものを識別する機構」で、細菌やウイルスのような危険な異物が入ってきたときに撃退する仕組みです。
 アレルギー反応は危険でない異物、例えば花粉やダニの糞、一部の食品(ソバ、卵など)に対して免疫システムが過剰な反応をしてしまうことです。アレルギーにはⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型の4つの型があります。

 花粉症や喘息などはIgE抗体が関与するⅠ型アレルギーです。IgEイムノ(免疫)グロブリンEという蛋白質で、消化管、気道、皮膚の細胞から分泌されます。抗原に結合してさらにマスト細胞などに結合し、アレルギーの元となるヒスタミンの分泌をもたらします。
 花粉のような抗原(アレルゲン)に個体が最初に接触すると大量にIgEが産生され、マスト細胞の受容体に結合します。これを感作といいます。最初はそれだけですが、個体が次にアレルゲンと接触すると、マスト細胞上のIgEにアレルゲンが結合し、急速に大量のヒスタミンを放出します。その結果、血管の拡張(発赤)、血管の透過性上昇(浮腫、蕁麻疹)、気道閉塞(呼吸困難)などの炎症症状がでます。抗ヒスタミン薬などで治療を行わないと危険です。
 最近多いのがアトピー性皮膚炎です。アトピー性皮膚炎は昔から子供の皮膚炎としてありましたが、大人になっても治らなかったり大人になってから初めて発症する成人型アトピー皮膚炎が増えているようです。アトピーは「少ない量のアレルゲンに反応してIgE抗体を分泌し、喘息、鼻結膜炎、湿疹などのアレルギー症状を発症しやすい個人的または家族性の体質」と定義されています。このように多くのアトピー性皮膚炎の人ではIgE抗体が著しく増加しますが、単純にⅠ型ではなくⅣ型も起こっているといいます。
(「今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版」より一部抜粋

<書籍紹介>
人気書籍の第2版が登場!シワなどに関する新しい技術、全成分表示や部外品の申請などの実用的な内容、安全性や環境問題、さらには幹細胞、アレルギーや抗酸化の生体メカニズムなどの新たな項目を追加し、皮膚の機能・構造、化粧品の種類や作り方などの基本を解説する。

書名:今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版
著者名:福井 寛
判型:A5判
総頁数:160頁
税込み価格:1,650円

<執筆者>
福井 寛(ふくい ひろし)
福井技術士事務所代表
1974年 広島大学大学院工学研究科修士課程修了。同年 (株)資生堂入社、工場、製品化研究、基礎研究〈粉体表面処理〉などの研究に従事。香料開発室長、メーキャップ研究開発センター長、素材・薬剤研究開発センター長、特許部長、フロンティアサイエンス事業部長、資生堂医理化テクノロジー(株)社長、東北大学客員教授、東京理科大学客員教授、信州大学客員教授、大同大学客員教授などを歴任。現在に至る。
工学博士、技術士(化学部門)、日本化学会フェロー、日本技術士会理事、学術振興会先端・ナノデバイス・材料テクノロジー第151委員会顧問、千葉工業大学非常勤講師。

主な著書
「おもしろサイエンス美肌の科学」日刊工業新聞社、「トコトンやさしい染料・顔料の本」日刊工業新聞社(共著)、 「きちんと知りたい粒子表面と分散技術」日刊工業新聞社(共著)、「トコトンやさしいにおいとかおりの本」日刊工業新聞社(共著)、「トコトンやさしい界面活性剤の本」日刊工業新聞社(共著)など
“Cosmetic Made Absolutely Simple” BELLE VIENUS Co., Ltd.(「トコトンやさしい化粧品の本」の英語版)

<販売サイト>
Amazon
Rakuten ブックス
Yahoo!ショッピング
日刊工業新聞ブックストア

<目次(一部抜粋)>
第1章 化粧品って何だろう
化粧品とは何だろう「化粧品の定義」/化粧品成分の考え方「消費者にとって大切な全成分表示」

第2章 外部から身を守る仕組み
最前線にいる皮膚「皮膚の構造」/アレルギーはなぜ起こる「アトピー性皮膚炎」

第3章 化粧品は何でできている?
化粧品の原料はどんなもの?「化粧品を構成している物質」/泡の秘密「泡の性質と利用」

第4章 化粧品の作り方とその性質
化粧品が世にでるまで「化粧品の特性を踏まえて中味、外装を決める」/汚れの落とし方「洗浄の機構とメーク落とし」

第5章 化粧品の安定性、安全性と環境対応
化粧品成分を実際に調べるには「化粧品に使われる成分の分離方法」/化粧品成分の構造を決めよう「化粧品成分の構造解析」

第6章 機能性化粧品とその将来
シワを改善する技術「シワ、たるみの発生、評価法と老化防止」/毛穴が目立つのはなぜ?「毛穴ケアとケミカルピーリング」

関連する記事はこちら

特集