トヨタ車体、「ダカールラリー」ワン・ツー・フィニッシュで7連覇達成

  • 0
  • 0

トヨタ車体は、5―17日(現地時間)にサウジアラビアで開かれた「ダカールラリー2020サウジアラビア」の市販車部門で7連覇を達成した。同社が開発・生産するトヨタ自動車のスポーツ多目的車(SUV)「ランドクルーザー200」がベースのラリー仕様車2台で参戦。すべてのステージで1位、2位を独占し“ワン・ツー・フィニッシュ”で栄冠に花を添えた。

今回は南米からサウジアラビアに舞台を移しての大会となった。総走行距離は7768キロメートルで、砂漠地帯を中心とした過酷なレースとなった。増井敬二社長(中央左)は「ランドクルーザーを世界中のお客さまに愛されるもっといいクルマに育てていくためにも、チャレンジを続けていきたい」とコメントした。

日刊工業新聞1月21日

キーワード
トヨタ車体

関連する記事はこちら

特集