JR九州「ななつ星」に新ルート!

  • 0
  • 0
 JR九州は豪華クルーズ列車「ななつ星in九州」の2016年4月からの3泊4日コースを新ルートで運行する。3日目に鹿児島から熊本に向かう夕方、肥薩おれんじ鉄道(熊本県八代市)の川内駅(鹿児島県薩摩川内市)―八代駅(熊本県八代市)間を走る。同区間では風景を楽しめるよう速度を落とし、途中下車して東シナ海を眺める散策ができるようにする。

 新ルートは現在の一部ルートを肥薩線経由から変更する。肥薩おれんじ鉄道は海沿いの路線で最近は観光列車「おれんじ食堂」が人気となっている。

 「ななつ星in九州」の16年4―9月出発分の予約受け付けは10月1日に始める。主な旅行代金は3泊4日コースの「スイート」が2人1室利用で1人当たり53万円から。

日刊工業新聞2015年09月18日 建設・エネルギー・生活2面

COMMENT

三苫能徳
西部支社
記者

「ななつ星」は当選倍率も高いですが、リピーター希望も多いと聞きます。短期間に何度も乗れる人はそんなにいないとは思いますが、コースや食事メニューなどを常に見直すことで、サービス向上につなげようというJR九州の意気込みのあらわれでもあると思います。 JR東日本やJR西日本もクルーズ列車を開発中ですが、相互乗り入れが実現したら楽しそうです。

関連する記事はこちら

特集