秋はホップの季節!キリン、サントリービール新商品発売

国産とチェコ産の違いは?

  • 0
  • 0
 キリンビール、サントリービールは旬のホップを生かしたビール新商品を10月末以降、相次いで発売する。キリンは10月27日に「一番搾り とれたてホップ生ビール=写真」、サントリーは11月17日に「ザ・プレミアム・モルツ”初摘みホップ“ヌーヴォー」など2品を発売する。

 キリンの商品はホップの産地で有名な岩手県遠野市で今夏、収穫したばかりのホップをふんだんに使用。ホップを水分を含む生の状態で凍結、砕いて使い、みずみずしく華やかな香りを表現した。遠野市との契約ホップ栽培契約は1963年以来52年で、地域振興の意味合いもある。350リットルミリ、500ミリリットル缶から中瓶、大瓶、業務用たる生まで幅広く展開し、67万ケース(1ケースは大瓶20本換算)の販売を目指す。

 一方、サントリーの初摘みホップ企画は今年が2年目。15年に収穫したチェコのザーツ産ファインアロマホップを用いる。350ミリリットル、500ミリリットル缶のほか、プレモル初摘みは中瓶でも販売する。

日刊工業新聞2015年08月28日 建設・エネルギー・生活面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局DX編集部
記者

最近クラフトビールの人気が高まっているという記事がありましたが、人気ブランドでも味わいや香りを打ち出した限定品が増えていますね。すこし涼しくなってきたこの頃、秋の味覚とともにゆっくりビールを味わうのが楽しみです。

関連する記事はこちら

特集