空と川を結ぼう!「羽田空港-秋葉原」で運河クルーズ

国交省が9月に社会実験。万世橋から京浜運河や隅田川、神田川などを経由し空港船着場へ

  • 0
  • 0
 羽田空港から都心部への船による移動の可能性を検証するため、国土交通省は9月に羽田空港と秋葉原を天王洲経由で結ぶ、社会実験を実施する。9月19日から26日までの8日間。

 実験では、羽田空港国際線ターミナルそばの多摩川沿いにある羽田空港船着場と品川区の天王洲、秋葉原の万世橋を結ぶ。空港の国際線ターミナルと船着場の間は、無料送迎バスを運行する。京浜運河や隅田川、神田川などを経由し、羽田空港と都心部を結ぶ最短ルートで、定期航路の設定は初めて。

 コースは3つで、羽田空港-秋葉原間が大人2900円(16日までに購入の場合。当日購入は3500円)、子供2000円(同2500円)、秋葉原-品川(天王洲)間は大人2380円(同3000円)、子供1500円(同2000円)、品川(天王洲)-羽田空港間が大人1620円(同2000円)、子供900円(1000円)。40人乗りで屋根のない運河船「ルーク号」を、クルーズを手掛けるジール(港区海岸)が運航する。

 国交省では、1930(昭和5)年竣工の万世橋たもとにある船着き場や、大型船が航行できない神田川などの橋梁群を見どころとしている。実験により、採算性や利用者の動向を調べ、アンケートにより改善点を洗い出す。予約はジールのウェブサイトで受け付ける。

<運航スケジュール>
羽田空港-秋葉原間
・羽田空港(11:15発)→海老取川→京浜運河→品川→隅田川→神田川→秋葉原(14:00着)
・秋葉原(15:00発)→神田川→隅田川→品川→京浜運河→海老取川→羽田空港(17:40着)

羽田空港-品川(天王洲)間
・羽田空港(11:15発)→海老取川→京浜運河→品川(12:20着)
・品川(16:40発)→京浜運河→海老取川→羽田空港(17:40着)

品川(天王洲)-秋葉原間
・品川(12:35発)→京浜運河→隅田川→神田川→秋葉原(14:00着)
・秋葉原(15:00発)→神田川→隅田川→京浜運河→品川(16:25着)

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

羽田空港から都心部への船による移動の可能性を検証するため、国交省が9月に8日間の社会実験。神田川や隅田川、京浜運河、海老取川を経由するクルーズです。すでに運賃が高い、屋根がある船がいいといった意見もありますが、果たして実際に運航してみると、どういった課題が浮き彫りになるでしょうか。

関連する記事はこちら

特集