中小・中堅企業飛躍のチャンス!応募受付中

応募締め切りは9月30日、表彰式は来年3月中旬

 中堅・中小企業を対象とした発明の表彰制度の中では、最も歴史が古く、関係諸官庁からも支援されるとともに、広く一般からも高い評価をうけている「発明大賞」。今年で第45回を迎える同表彰は、全国の中堅・中小企業の発明を発掘し、その功績を広く認知すべく実施されている。学識経験者による厳格な審査を経て受賞した企業は、関係諸官庁からの信頼が厚い。かつて受賞した企業は経済産業省主催「ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞」や文部科学大臣表彰「科学技術賞」を受賞するなど、発明大賞をはずみに飛躍した企業も多い。

 応募対象は中堅・中小企業(資本金10億円以下の企業)、及び個人またはグループで、案件は特許・実用新案を登録済み、または公開された発明考案。

 「発明大賞本賞」「発明大賞東京都知事賞」「発明大賞日本発明振興協会会長賞」「発明大賞日刊工業新聞社賞」にそれぞれ1社のほか、「発明功労賞」「考案功労賞」「発明奨励賞」「発明育成賞」として複数社を表彰する。応募締め切りは9月30日(当日消印有効)。表彰式は来年3月中旬に東京都内で予定している。

 応募などの問い合わせは、(公財)日本発明振興協会(03・3464・6991)へ
 公式ページ:https://biz.nikkan.co.jp/html/hatsumei//


 前回(第44回)の主な受賞企業と製品・技術のポイントは下記。

【本賞】唾液分泌量を評価する口腔(こうくう)粘膜湿潤度検査機器=ライフ(古川誠代表取締役ほか2人)


 

 

 口の中の湿潤度を調べて口腔内乾燥症の診断や予防に役立つ口腔内水分測定器。水分量の違いによる誘電率の変化をセンサーで検出する静電容量式技術を導入した。センサー部位を口腔粘膜表面に数秒間押し当てることで湿り具合を数値化できる。唾液(だえき)腺の慢性的な炎症から乾燥症状となる自己免疫性疾患の一種「シェーグレン症」や「口腔機能低下症」の診断などに使える。
 従来方式の測定用のガムやガーゼで唾液を吸い取って重量の増加分を測定する方法では、評価が難しかった。(ライフ=埼玉県越谷市、048・990・8201)


【東京都知事賞】中赤外顕微鏡用高機能ダイヤモンドATR対物鏡=エス・ティ・ジャパン(中川孝郎社長ほか2人)


 

 

 試料に照射した赤外光の全反射光から試料表面を調べる顕微鏡の部品で、試料の明瞭な観察と観察部位の正確な測定ができるダイヤモンド全反射減衰法(ATR)対物鏡。照明用可視光を透過するダイヤモンド結晶を使い、試料の観察位置と測定位置を高い精度で一致させた。従来、可視光を透過しないATR結晶での試料観察には、複雑な装置が必要だった。
 画像の解像度は10マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下を実現した。観察しながらの測定も可能。(エス・ティ・ジャパン=東京都中央区、03・3666・2561)


【日本発明振興協会会長賞】密着締付式サイズフリー容器運搬袋=ミヤゲン(宮元武壽会長ほか1人)


 

 

 

 1枚のポリエチレンフィルムで一体形成した容器運搬用ビニール袋。コーヒーカップなどの中身をこぼさないように保持して手提げ部分を握って運べる。ビニール袋の内部にはスポット溶着が施され、容器を押し込むことで必要な箇所のスポット溶着部が剥離。容器に密着し締め付けることで安定的に保持できる。
 現在は石油化学樹脂製だが生分解性樹脂を材料とすることで環境面での優位性を見いだせる可能性がある。飲用カップホルダーなどの既製品に対応しており、今後複雑形状の容器への利用も期待できる。(ミヤゲン=福井県敦賀市、0770・21・0038)


【日刊工業新聞社賞】金属切削屑粉砕圧縮装置=クリエイトエンジニアリング(代表取締役・栗田省三氏)


 

 切削加工で発生する金属の切りくずを破砕し固形物に成形し処理する小型・軽量切りくず破砕圧縮機。破砕刃を持つ破砕機を投入口直下に設け、切りくずを破砕し圧縮することで、カール状の切りくずでも付加装置無しで処理できる。従来の切りくず圧縮機の圧縮室に対して、前段に破砕機を設けることで小径の圧縮室にすることが可能。切りくずの移送機構や破砕機構などの動力源も合理化。同規模の切りくず圧縮機と比べ、大幅な軽量化と省スペース化を実現した。(クリエイトエンジニアリング=愛知県岡崎市、0564・58・8718)

  

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。