地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

芙蓉総合リースが増資引き受け。プラント実用化へ前進

ジャパンブルーエナジーの群馬県にあるプラント
 芙蓉総合リースはジャパンブルーエナジー(JBEC、東京都千代田区、堂脇直城社長、03・3234・1551)に追加出資した。JBECの第三者割当増資を引き受けて2億円強で8万株強を追加で取得し、持ち株比率を8・3%とした。JBECはバイオマスを原料としたカーボンフリーの水素を製造する技術を持つベンチャー企業で、実用化を目指している。芙蓉総合リースは将来、水素社会が来るのを見据えて投資を決めた。
 
 芙蓉総合リースは出資のほか、リースの提供やJBECとのシナジーを期待できる企業の紹介・仲介などをする。将来性を見込み、JBECの成長を支援する。また、芙蓉総合リースとしても、JBECへの出資を通じて水素社会に向けた業界の取り組み、最新情報を得る狙い。

 現在、再生可能エネルギー関連では太陽光発電事業が主力だが、そのほかの分野でもビジネスチャンスにつなげていく。JBECはブルータワーと呼ぶ独自のプラントによってバイオマスから水素を作り、供給することを目指している。基本技術はドイツで生まれ、堂脇直城社長が特許を購入した。現在は群馬県渋川市の試験プラントで試験を続けている。

 また、2016年には石川県輪島市で商用プラントを稼働させるが、まずはバイオマス発電した電力を販売する。

日刊工業新聞2015年08月21日 金融掲載

COMMENT

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

ジャパンブルーエナジーのバイオマス発電プラントは木材を直接燃やしません。木材を加熱して発生させたガスで発電します。そのガスから水素を取り出すことも可能なので発電と水素製造が一緒にできます。森林がある地方を水素供給基地にできるのが同社のプラントです。

関連する記事はこちら

特集