最短20分で商品を届けます!楽天の新通販サービスは広がるか

まず都内4区で展開。巡回車両が商品積載し配達

  • 1
  • 0
楽びんのウェブサイトより
 楽天は都内の4区(渋谷、目黒、世田谷、港)なら注文を受けて最短20分で配達する仕組み「楽びん!」を構築、展開に乗り出した。ネット通販も即日配送を実施するところが増えるなど注文から配達までのリードタイムが短縮しているが、ついに最短20分のサービスが登場。今後コストパフォーマンスの検証が必要になりそうだが、注文と配達が限りなくシンクロしてきた格好だ。

 楽びんはソフトドリンク、酒類、つまみや洗剤、トイレットペーパー、さらにスイーツやコーヒーなど約450点の商品が買える。専用のスマートフォンアプリを活用し会員IDの住所や、表示される地図上の受取希望場所を指定できる。

 欲しい商品を選択すると、最短20分で商品を受け取れる。自宅やオフィスだけでなく購入者が商品を受け取れれば公園や店舗などでもどこでも配達する。1日24時間サービスが受けられる。

 一定の地域とはいえ、「最短20分」を可能にするのは、商品を積んだ配送車がサービス対象地区を回遊し、注文を受けると受取希望場所に商品を届けられるようにしているから。

 独自のシステムを開発、注文内容や位置情報などを使い、商品を一番早く届けられる車両に自動的に配達指示を出すことで時間短縮が可能になった。配送料は購入者が受取場所に到着した車両脇で受け取る場合は390円、玄関先や手元まで届ける場合は770円。
 
 ネット通販各社は利便性を競う局面に

 ネット通販は今後、注文から配達までのリードタイムを短縮する競争に入るといわれている。例えば、ネット通販大手では、アマゾンなどが即日配送したり、酒類販売専門の「カクヤス」が都内にきめ細かく店舗兼配送のデポを配置し、注文を受けてから1時間枠で配送する仕組みを築くなど利便性を競う局面に入っている。
 
 ただ、物流コストをいかに抑えていくかが課題。例えばカクヤスは、一般家庭用に加え業務用の受注も受けて量をさばくことでコストを吸収している。
 
楽天の取り組みも、人件費を含めた配送コストに対し、商品の粗利益と商品を持って巡回する車両1台あたりの受注量がどれくらいなら採算が合うのか。今後の事業展開していく上での課題とみられる。

 ただ認知が進めば子育て中の主婦や買い物に出かけにくい高齢者などニーズも多そうだ。ネット通販も注文から受け取りまでの時間短縮、受け取り場所の多様化などサービス競争が激化してきた。

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

このサービスではいろいろなニーズが考えられますが、商品を持って巡回する車両の効率的な運用がカギとなりそうです。人件費、車両代、燃料費などをどのくらいの売上高があればペイするのか。折角良いサービスなので拡大してほしいものです。

関連する記事はこちら

特集