ユニクロ社員「週休3日」

地域正社員に選択制

  • 0
  • 0
柳井会長兼社長
 ファーストリテイリングは20日、週の4日を勤務、3日を休日とする制度を、カジュアル衣料品店「ユニクロ」の一部社員を対象に10月から選択制で導入することを明らかにした。多様な働き方ができるようにし、離職防止や新規採用増につなげる。
 
 対象になるのは、国内約840店に勤務する転勤のない「地域正社員」約1万人。このうち、2割程度の応募を想定している。社員が希望すれば半年ごとに通常勤務と週休3日制度の選択ができる。週休3日を選択した場合、店が混雑する土日、祝日が出勤日となり、平日に休む。

 1日の勤務時間を8時間から10時間にするため、1週間の労働時間や給与体系も変わらない。週平均労働時間が40時間以内であれば、1日8時間以内の法定労働時間の制限を受けない「変形労働時間制」を活用する。

 ファーストリテでは「今後、社内やユニクロ以外の傘下のブランドでも導入を検討していく」(広報部)と話している。

日刊工業新聞8月21日付総合3面

COMMENT

神崎明子
デジタルメディア局
編集委員

強まる人材不足感が、多様な働き方実現へ向け企業の背中を押していることを実感します。

関連する記事はこちら

特集