「乳幼児の睡眠」見守るマット

 リキッド・デザイン・システムズ(横浜市港北区、遠山直也社長、045・620・0703)は、乳幼児を専用マットに乗せて睡眠時の呼吸を見守るセンサー「Baby Ai(ベビーアイ)」の販売を始めた。1分間の平均呼吸数をモニターし、呼吸が大きく変化した際にセンサー本体とスマートフォンなど向け専用アプリケーション(応用ソフト)でアラートを発する。自社ホームページなどを通じて一般家庭向けに販売する。

 セット内容はセンサー本体、センサーと接続するパット内蔵の専用マット、ACアダプター、マニュアルなど。マットの大きさは900ミリ×600ミリ×20ミリメートルで、折り畳み式で持ち運びも可能。セット一式の消費税抜きの価格は7万8000円。年間1000台の販売を目指す。

日刊工業新聞2019年5月14日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。