“藻”のハンドクリームが話題のデンソー!天草に微細藻類の大規模培養施設

施設規模は国内最大級の2万平方メートル、2016年4月稼働

  • 0
  • 0
培養施設(イメージ)
 デンソーは19日、熊本県天草市に微細藻類の大規模実証施設を建設し、2016年4月に稼働すると発表した。微細藻類が生成するオイルを使ったバイオ燃料の実用化に向け大量培養技術を実証する。

 土地面積は微細藻類の培養施設としては国内最大級という2万平方メートル。投資額は非公表。培養するのはシュードコリシスチスという微細藻類。デンソーは現在、善明製作所(愛知県西尾市)内の一角(300平方メートル)で培養実験を行っている。

 大規模施設で大量培養技術を開発し、18年をめどに同技術の確立を目指す。新施設でのオイル生成量は年間数キログラム―数十キログラム。

日刊工業新聞2015年08月20日 自動車面

COMMENT

三苫能徳
西部支社
記者

天草での実証はバイオ燃料用とのことですが、生成物などを使ったご当地商品のようなものを期待してしまいます。

関連する記事はこちら

特集