天草エアラインが日本初の「ATR機」。来年1月から運航へ

機体下部には熊本県の人気キャラクター「くまモン」

  • 0
  • 0
機体下部に描かれたくまモン
 天草エアラインは8月14日、仏ATRのターボプロップ機ATR42-600型を受領したと発表した。仏トゥールーズで現地時間8月13日に受領し、16日に日本へ向けて出発。途中7カ所を経由し、21日に熊本に到着する見込み。ATR機の導入実現は、日本では天草エアラインが初めて。

 座席数は48席で、デンマークのリース会社ノルディック・アビエーション・キャピタルからのリースで導入する。デザインは現在運航しているボンバルディアQ100(DHC-8-Q100)型機「みぞか号」(39席)の親子イルカを踏襲した。内装はワインレッドを取り入れ、機体下部には熊本県の人気キャラクター、くまモンを描いた。

 同機はトゥールーズを出発し、16日にパフォス(キプロス)着。翌17日にバーレーンを経由してマスカット(オマーン)に到着する。18日にはマレ(モルジブ)、19日にコロンボ(スリランカ)経由でバンコクに到着。20日にバンコクから台北を経て、21日正午に到着する。

 同社は現在、2000年3月にから導入した1機のQ100で運航。ATR42-600は8月26日から実機訓練を開始し、2016年1月の運航開始を予定している。運航開始とともにQ100は退役する。天草エアラインによると、Q100の退役をねぎらうセレモニーも検討しているという。

 ATRはエアバスと伊アレニア・アエルマッキの共同事業体として、1981年に設立されたリージョナル機メーカー。日本の航空会社では天草エアラインに続き、6月のパリ航空ショーで日本航空(JAL/JL、9201)グループの日本エアコミューターが、確定発注8機とオプション1機を契約した。JACは2017年から導入する。

 また、天草エアラインは4月から、運航する全便についてJALとコードシェア(共同運航)を始めている。

受領機の空輸スケジュール(すべて現地時間)
8月16日 トゥールーズ(09:00)→パフォス(15:30)
8月17日 パフォス(08:00)→バーレーン(13:45)
8月17日 バーレーン(14:30)→マスカット(17:40)
8月18日 マスカット(08:00)→マレ(15:00)
8月19日 マレ(08:00)→コロンボ(10:25)
8月19日 コロンボ(11:30)→バンコク(18:25)
8月20日 バンコク(08:00)→台北(15:45)
8月21日 台北(09:00)→熊本(12:00)

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

日本初のATR機、天草エアラインのATR42-600がデリバリーされました。16日に日本へ向けてトゥールーズを出発し、熊本には21日に到着予定です。

関連する記事はこちら

特集