ANA、今年も深夜にギャラクシーフライト!

夏休み期間の羽田-那覇線で。プレミアムも設定

  • 0
  • 0
 
 全日本空輸は4月6日、夏休み期間の羽田-那覇線で深夜便「ANAギャラクシーフライト」を運航すると発表した。2014年に続き2回目の実施で、今年は専用の旅客便を投入する。7月17日から8月30日まで運航する。販売開始は4月7日。
 ギャラクシーフライトは羽田を午後10時55分に出発し、那覇に翌日午前1時30分に到着するNH999便と、那覇を午前3時30分に出発し、羽田に午前5時50分に到着するNH1000便。羽田発は日曜、那覇発は月曜を除く、週6往復を運航する。最終便は羽田発が8月29日、那覇発が8月30日。機材はボーイング777-200型機(プレミアム21席、普通席384席、計405席)を投入する。
 今年は貨物便(ベリー便)との併用ではなく、旅客便を運航する。席数は2014年の150席から405席に拡大。プレミアム席も設定する。搭乗時には従来便と同じように、空港での手続きなしで搭乗できる「スキップサービス」も利用できるようにする。

  2014年のギャラクシーフライト(NH999/1000便)は旅客機によるベリー便として運航しているものに、乗客を乗せた。両便は貨物便として最大25トンの貨物を搭載するため、座席数を制限。プレミアムクラスは販売せず、シートも開放しなかった。
 運賃は75日前まで購入できる「旅割75」の場合、普通席で9990円から(羽田空港の施設使用料を含む)。4月7日午前10時から販売を開始する。期間中の同路線はギャラクシーフライトの増便で、1日12往復から、1日最大13往復の運航となる。昨年のギャラクシーフライトは、7月18日から8月31日まで、週6往復を運航。旅客数は1.6万人、搭乗率82%と好調だった。

運航スケジュール
NH 999 羽田(22:55)→那覇(翌日01:30)運航日:月火水木金土
NH1000 那覇(03:30)→羽田(05:50)運航日:火水木金土日

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

昨年の夏休み期間、ANAが羽田-那覇線で運航して好評だった深夜便「ギャラクシーフライト」を今年も設定します。初の試みだった前回は、貨物便を有効活用する深夜便として運航。このため搭載貨物の重量との兼ね合いで、販売座席数に制限がありました。今年は通常の旅客便として運航するため、席数が前回の150席から 2.7倍の405席に増加します。7月17日から8月30日までの運航で、機材はボーイング777-200型機(405席:プレ ミアムクラス21席、普通席384席)です。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる