現役・元プロ選手コーチが動画でプライベートレッスン

ソフトバンクグループが9月からサービス

  • 0
  • 0
スマホやパソコンで受講可能(スマートコーチホームページより)
 ソフトバンクグループはスマートフォンやパソコンを活用し、現役または元プロスポーツ選手などによる動画のレッスンを受けるサービス「スマートコーチ」を9月に始める。選手が「コーチ」として課題や、こつに関する動画を受講者に送り、受講者は練習の成果を動画で撮影して、コーチから指導を受ける。コーチがレッスンの回数や料金などを決める。子会社のSBイノベンチャー(東京都港区)が同サービスを提供し、運営会社の設立も検討している。

 元陸上競技選手でオリンピック銅メダリストの朝原宣治氏をはじめ、サッカー・Jリーグ、プロ野球の元選手らがコーチに就任予定。同サービスを通じ、スポーツ選手の現役引退後のセカンドキャリアを支援する。

日刊工業新聞2015年08月12日 電機・電子部品・情報・通信面の掲載記事を加筆

COMMENT

斉藤陽一
編集局第一産業部
デスク

同社のプレスリリースをみると、野球、サッカー、バレーボール、バスケットボールといった球技のほか、陸上、ダンス、ボクシング、スキーなど多彩な競技のコーチがラインアップされています。1994年のリレハンメル五輪のスキー・ノルディック複合団体で金メダルを獲得した阿部雅司さんの名も。

キーワード
朝原宣治 コーチ 受講者

関連する記事はこちら

特集