マツダ「越KOERU」はCX―4か7か9か

来月のフランクフルトモーターショーで世界初公開のコンセプトモデル

  • 1
  • 0
マツダのSUVコンセプトモデル「マツダ越KOERU」
 マツダは9月17日からドイツで開かれる自動車見本市「フランクフルトモーターショー」に、クロスオーバースポーツ多目的車(SUV)のコンセプトモデル「マツダ越KOERU」を出品する。世界初公開となる。 

 デザインテーマ「魂動(こどう)」を採用し、シャープさが目立つデザイン。新世代技術「スカイアクティブ・テクノロジー」も搭載するという。米国で販売するSUV「CX―9」の後継モデルとなる公算が大きい。
 
 マツダ、フランクフルト、魂動(こどう)と言えば4年前の2011年。新型の小型クロスオーバー「CX―5」を世界初公開した。走行・環境性能を高める次世代技術「スカイアクティブ」を最初に全面搭載した車種で、翌年発売された「CX―5」は現在のマツダ・快進撃を支えている。

 国内では 「2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞、12―13年には2年連続でSUV販売台数1位を記録した。またクリーンディーゼル車の販売比率が高いのも特徴。「マツダ越KOERU」は「CX―5」に続く名車になるか。
 

日刊工業新聞2015年08月11日 自動車の記事を加筆・修正

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

新しいコンセプトカーはCX―9なのか、それともかつてラインナップしていたCX―7(現在は中国市場専売車)の後継か、あるいはデミオとアテンザの中間にアクセラがあるように、“CX―4”としてクロスオーバーSUVのラインナップの広げていくのか、発売車種に興味が尽きない。

関連する記事はこちら

特集