シャッター上昇速度2倍に。文化シヤッターが気をつけたこと

快適性を追求

 文化シヤッターは一戸建て住宅向けの電動ガレージシャッター「エスプリ」と「小町様」を全面刷新した。首都圏で先行販売し、4月から全国に対応地域を広げる。シャッターの上昇速度を約2倍にすることで快適性を追求するとともに、安全性や意匠性も向上した。2商品合わせて、2019年度に10億円の販売を目指す。

 シャッターの開閉機に高速モーターを採用し、上昇時の速度を従来よりも約2倍向上。高さ2・5メートルの開口部を約14秒で全開することができる。また挟まれ事故を防ぐため、接触・非接触のいずれでも危険時にシャッターが停止するよう二重の安全装置を搭載し、安全性に配慮した。屋内側には手動切り替えレバーを内蔵し、停電時にもシャッターを開けることが可能。木目調の品ぞろえも拡充し意匠性も向上した。

 間口が2・7メートル、高さ2・2メートルの木目調デザインの場合、「エスプリ」のスタンダードタイプの参考価格(消費税抜き)は61万円、「小町様」は同124万円。

日刊工業新聞2019年2月19日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。