「マツコ」ではなく「エリカ」です!
阪大・石黒教授らが自立対話型アンドロイド

音声認識など動作生成の先端技術を統合<動画付>

 大阪大学大学院基礎工学研究科の石黒浩教授と京都大学大学院情報学研究科の河原達也教授らの研究グループは3日、自律対話型アンドロイド「ERICA(エリカ)」を開発したと発表した。顔は日本人と欧米の人のハーフに見えるように、コンピューターグラフィックスで整った顔を作成した。音声認識や音声生成、相づちといった動作生成などの先端技術を統合し、自然なしぐさで対話できる。

 顔は左右対称で鼻と口、あごが一直線に並ぶなど、人工的に顔を修正した。石黒教授は「誰がみても美しく見える顔に仕上げた」としている。喜怒哀楽などさまざまな表情を作れる。肖像権がなく、研究に使いやすい。

 研究グループは今後、相手の意図をくんだ対話が可能なモデルを作製する計画。受け付けやカウンセリングなど利用する場面を限定した上で、より自然な対話を目指す。
 

日刊工業新聞2015年08月04日 科学技術・大学面

明 豊

明 豊
08月04日
この記事のファシリテーター

共同研究のせいか石黒先生もぶっ飛んだ「ジェミノイド」(モデルに酷似した外見を持つアンドロイド)ではなく、エリカちゃんに落ち着いたのだろうか。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。