ソラシドエア「地域との結びつき戦略」

長崎線10周年でイベント、10月に遊覧飛行

  • 0
  • 0
羽田-長崎線10周年イベントで記念写真に収まる(左から)ソラシドの髙橋社長
 九州と沖縄に路線を展開するスカイネットアジア航空(ソラシド エア)は8月1日、羽田-長崎線の就航10周年記念イベントを長崎空港で開催した。長崎へは宮崎と熊本に続く3都市目として、2005年8月1日に1日6往復で就航。路線拡大と機材繰りの関係で、現在は1日4往復をボーイング737-800型機(1クラス174席)で運航している。

 ソラシドと長崎は、ラッピング機「ながさき龍馬くん」を2010年3月から観光連盟と共同で、長崎空港のある大村市のマスコットキャラクターを描いた「おむらんちゃん号」を2013年11月から、それぞれ1年間運航した。

 髙橋洋社長は「ローカルエアラインでなければできないサービスを提供し、地域の期待に応えたい。距離感の近いエアラインにしていきたい」と、今後の抱負を語った。

 記念イベントには、10周年にちなみ長崎で生まれ育った10歳の小学生、北島響くんと吉村風香ちゃんが、パイロットと客室乗務員の制服を着用して登場。大人ばかりが集まった場を和ませた。

 イベント終了後には羽田空港から到着したSNJ33便と、折り返しの長崎発羽田行きSNJ38便の乗客に、長崎ちゃんぽん味のポップコーンなどの記念品が手渡された。

 ソラシドでは、羽田-長崎線10周年を記念し、長崎名物「角煮まんじゅう」を再現した寝袋が当たるキャンペーン「角煮まんじゅうに包まれて」を実施している(関連記事)。

 また、長崎空港の開港40周年を記念し、10月3日に開催される「2015 空の日フェスタ in NAGASAKI」で午前と午後各1回、30分程度の遊覧飛行を空港周辺で実施。長崎県在住者を対象に参加者を募集し、8月5日午前10時から9月15日午後11時59分まで受け付ける。1回あたり35組70人の計70組140人を募集する。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

九州・沖縄路線を運航するソラシド エア。羽田-長崎線が10周年を迎えました。10月には長崎空港の40周年イベントで 遊覧飛行を実施します。地域との結びつきが、大手とLCCに挟まれた「新規航空会社」と呼ばれる規制緩和で誕生した中堅航空会社に求められることだと思います。

関連する記事はこちら

特集